マニュアル(簡易版)

BOS操作マニュアル

1. はじめに

このマニュアルは、『クラウド医療機器管理台帳BOSes』の機能紹介・閲覧を行うことを目的としています。
システムの機能、画面項目についての説明が記載されています。

※ 運用マスタ、システムマスタの詳細、操作につきましては、ご契約施設様に別途提供させていただきます。

 

 

2. 共通機能

2.1 ログイン

 

『クラウド医療機器管理台帳BOSes』のユーザーがログインを行う為の画面です。

ログインを行う為には、「ログインID」、「パスワード」が必要です。
未発行の場合は、システム管理者に発行を依頼します。

 

不正アクセスを排除し、個人情報に基づいた操作を可能とします。

 

 

【ログイン画面構成要素】

①「ユーザーID」、②「パスワード」に、発行された正しい値を入力します。

③「ENTER」をクリックします。

※「ユーザーID」と「パスワード」は、ご利用お申し込みの際にメールでお知らせいたします。ご不明の場合は、弊社問い合わせ窓口にご連絡ください。

 

【ログイン成功】

TOP画面が表示されたらログイン成功です。

 

 

① 全画面(ページ)共通のツールバーです。「⑤」のアイコンとも連動しています。運用マスタとシステムマスタは権限によりご使用になれない場合があります。
※「日常点検」は次のバージョン(Ver.2.0)からご利用頂けます。マウスをかざすと色が変わります。

 

② ご利用PCの時計を参照していますので、正しく表示されない場合は、PCの管理者さまにご相談下さい。

 

③『クラウド医療機器管理台帳BOSes』内の必要なページに配置され、同じ動作を致します(ので、他の画面では説明を割愛致します)。
「ME_No.」か、「資産番号」を手入力するか、または、機器に「ME_No.」シールが貼付してある場合は、このシール(ラベル)のバーコードをスキャンすると
一発検索され、「機器カード」が表示されます。また、セットで構成される機器を登録している場合には、複数台が該当し、「機器リスト」に、複数行で表示され
ます。その場合は、機器(行)ごとの「カード」をクリックすることで1台ごとの「機器カード」を表示します。

 

④ ログインしている操作者の「ID」と登録名が表示されます。
ご自身の「ユーザーID」と「パスワード」でない場合には、いちどログアウトしてから正しい「ユーザーID」と「パスワード」で、ログインし直して下さい。
ご不明な場合は、院内の担当者さまにお問い合わせ下さい。「ログアウト」は『クラウド医療機器管理台帳BOSes』を終了する際に押して下さい。

 

⑤全画面(ページ)共通のツールバーと連動しているアイコンですので、このアイコンからもお好きなページ(画面)に移動できます。

 

⑥「新着情報」は、院内の掲示板としてご利用頂けます。
登録は「運用マスタ」から行います。「詳細PDF」には、関連情報として、書類や写真を閲覧、配信できます。

 

【ログイン失敗】

※「ユーザーID」、「パスワード」に誤りがあった場合、ログインできませんので、「ユーザーID」、「パスワード」が正しいか確認してください。

 

 

3.管理医療機器一覧

登録されたすべての機器を項目毎に俯瞰して表示する画面です。
それぞれリストの台数をクリックすることで、該当する機器のリストに遷移します。

 

3.1「特定保守管理医療機器(一般名称)」

登録されたすべての機器を「特定保守管理医療機器」の(一般名称)ごとに集計した台数が表示されます。
それぞれリスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
表示順は台数の多い項目が上です。

 

3.2「リスク別分類」

登録されたすべての機器を「高度管理医療機器」、「管理医療機器」、「一般医療機器」、「その他の医療機器」で集計した台数が表示されます。
それぞれリスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。

 

3.3「配置(設置)部署」

登録されたすべての機器を「配置(設置)部署」ごとに集計した台数が表示されます。
それぞれリスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
表示順はシステムマスタの「設置場所マスタ」から任意に設定が可能です。

 

3.4「保守点検中」

登録されたすべての機器から「保守点検中」機器の合計台数が表示されます。
リスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
「保守点検中」は、運用マスタ>機器個別情報の「保守中」を選択することでカウント、表示されます。

 

3.5「メーカ修理中」

登録されたすべての機器から「メーカ修理中」機器の合計台数が表示されます。
リスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
「メーカ修理中」は、運用マスタ>機器個別情報の「修理中」を選択することでカウント、表示されます。

 

3.6「レンタル中」

登録されたすべての機器から「レンタル中」機器の合計台数が表示されます。
リスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
「レンタル中」は、運用マスタ>機器個別情報の「レンタル」を選択することでカウント、表示されます。

 

3.7「在宅患者使用中」

登録されたすべての機器から「在宅患者使用中」機器の合計台数が表示されます。
リスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
「在宅患者使用中」は、運用マスタ>機器個別情報の「在宅」を選択することでカウント、表示されます。

 

3.8「代理店別」

登録されたすべての機器を「販売代理店」ごとに集計した台数が表示されます。
それぞれリスト上の台数をクリックすることで、該当する機器のリスト(「医療機器リスト画面」)を表示します。
表示順はシステムマスタの「販社マスタ」から任意に設定が可能です。

 

 

4.医療機器リスト

登録されたすべての機器を任意の項目の組み合わせで検索(抽出)「①」して表示「②」する画面です。
それぞれリスト右の「カード」「③」をクリックすることで、該当する機器の「医療機器カード」に遷移します。

 

 

5.医療機器カード

5.1「①」~「⑥」当該医療機器に関する詳細情報を表示します。
「メモ」への記載はテキスト入力で自由記録です。「⑦」で前の「医療機器リスト」に戻ります。

 

 

6.保守カレンダー

6.1登録医療機器の保守点検・修理を計画し、履歴を残す機能です。
「①」~「③」のキーワード組み合わせで「④」検索を実行すると、該当する医療機器の研修カレンダーが「⑤」に表示され、「⑥」の「詳細」をクリック
すると個々の医療機器の保守カレンダーを作成、編集することができます。
院内共通のすべてのPCで閲覧ができますので、病院管理者様、事務長様も、画面を印刷して「医療法第25条第1項の立ち入り検査」時には報告書として
ご活用頂けます。履歴は過去5年間が保存されます。

 

 

7 研修カレンダー

7.1 院内で行うすべての研修(医療機器以外の研修も含む)の計画を作成し、院内で周知することができ、また、履歴を残す機能です。
「①」の新規登録で個々の研修カレンダーを作成することができます。
また、「②」の「詳細」をクリックすると計画済の研修についての詳細項目の登録と編集が可能です。
院内共通のすべてのPCで閲覧ができます。画面を印刷して「医療法第25条第1項の立ち入り検査」時には報告書としてご活用頂けます。
履歴は過去5年間が保存されます。

 

 

8.購買リスト

登録済のすべての医療機器を、購入、リース、レンタル、在宅に分類して表示する機能で、主に、事務職員の方にご利用いただけます。
最初に「①」~「④」を選び、「⑤」の検索キーワードで「⑥」、検索実行することで、「⑦」に必要な情報を抽出し、表示いたします。
リースでは、減価償却について、また、レンタルでは借用機関などの管理を容易に行うことができます。
在宅情報は、医学管理を行っている患者宅に貸し出しをしている酸素濃縮器、人工呼吸器、自己血糖測定装置などの医療機器を管理することができますので、メーカからの回収情報や災害時には威力を発揮致します。

 

 

9.運用マスタ

 

 

10.機器個別情報

医療機器個別データを新規登録、変更を行う画面です。
エクセルなどの表計算ソフトで作成した医療機器リストを一括で登録することができます。

 

 

11.機器基本情報

医療機器共通データを新規登録、変更を行う画面です。
エクセルなどの表計算ソフトで作成した医療機器リストを一括で登録することができます。

 

 

12.権限情報

本システムの利用者権限を使用者ごとに設定する画面です。
エクセルなどの表計算ソフトで作成した職員名簿を一括で登録することができます。

 

 

13.新着情報

TOP画面の下に表示する、「新着情報」の新規作成と編集が行えます。
研修案内やポスター、関連文書の添付、閲覧が可能です。

 

 

14.システムマスタ

システムマスタには、「職種マスタ」、「診療科マスタ」、「設置場所マスタ」、「権限マスタ」、「メーカマスタ」、「機器分類マスタ」、「研修マスタ」、「販社マスタ」、「リースマスタ」、「レンタルマスタ」があり、それぞれの登録と変更を行うことができます。

※運用マスタ、システムマスタの詳細、操作につきましては、ご契約施設様に別途提供させていただきます。

2017年 2月18日 作成