bos

医療機器管理、保守点検のこんなことでお困りではありませんか?

topimg02・医療機器管理の専用ソフトは高額だし操作が難しい! ・同じポンプにも色々なメーカがあるけど?一度にコストを掛けずに機種統一できたらいいのに! ・医療機器は高額だからずっと動かなくなるまで使いたいけど? ・医療機器を更新する際には定期点検も組み入れたい! ・生命維持管理装置ってどれ? ・保守点検計画はどうしたら作成できるのか?必要項目はなに?
btn_shousai

「エリアMEセンター」は、医療機器管理をご支援するアウトソーシングです。

院内の医療機器を一括で管理する臨床工学技士のような担当者がご不在の場合、定期的に訪問し、必要な調査、資料収集、保守点検計画の作成、保守点検の実施に向けた各々メーカとの調整、医療法で求められる報告、などの煩雑な業務を代行いたします。
弊社社員が常駐する場合と定期的な巡回コンサルティングなどの方法があります。 topimg03
btn_shousai

特に、こんなご施設には大きなメリットがあります

topimg05 メリット1 複数ご施設の一元管理で、機種統一や最少台数での運用が可能となります。メリット2 弊社社員が常駐か定期巡回しますので、担当者の負担を軽減いたします。 メリット3 保守点検計画~メーカ各社との調整(交渉)~保守点検実施~行政報告を一括管理致します。
btn_shousai

エリアMEセンターのご利用で、ご施設の医療機器管理を「見える化」致します。

医療機器には、個体の持つ製造番号や機種などの情報から、安全性情報、リコール、そして点検や修理の履歴があります。 一方で、資産管理的な視点からは、購入~廃棄に至るまでの、修理費用、点検費用、メーカや代理店との経緯、リース・レンタル契約など様々な情報があり、その情報を必要とする担当者によっても利用目的もその方法も異なります。 これらの情報を整理して、一元管理することによって、必要な時に必要な担当者の情報を効率よく引き出すことができます。
btn_shousai

医療機器管理でお困りのご施設を訪問し、調査・アドバイスさせていただきます。

topimg07
btn_shousai